医療について

日本における医療保険の位置づけと役割

医療保険とは、病気やけがに備えて保険料を支払い、万一病院に入院したり、治療で通院した場合にかかる費用を負担してくれる商品です。
保険に加入していることで、万一の事態が発生したとしても費用面での心配は少なくなります。
一方で、保険期間中に病院にかかることがなければ、保険料を支払ってしまうだけで終わってしまうこともあり得ます。
軽いけが病気であれば、治療や入院することになったとしても、医療費の負担はそこまで大きくなりません。
貯蓄の範囲で十分にカバーできることも考えられます。
しかし、入院が長期化したり、重い病気にかかったりすると費用負担も大きくなります。
日本の社会保障制度は充実していますが、財政的な問題もありますので、そう遠くない将来、現在のレベルの社会保障制度の維持が困難になることも予想されます。
このため、公的な社会保障制度に依存するのではなく、将来的な安心を保証するためにも、民間の医療保険に加入することも検討に値します。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.